シアリスについていろいろ紹介していきます。シアリスの最大の売りはやはり効果の持続時間にあると言えると思います。長時間効果が持続することにより飲むタイミングにも幅ができます。

更新履歴
多様な薬

一般的にシアリスは、ウィークエンドピルとも言われているED治療薬として知られています。
効果の持続は実に36時間と長時間であり、金曜日の夜に服用した場合は日曜日の昼間くらいまで効果は実感できるでしょう。
このシアリスに特徴的な有効成分はタダラフィルとされています。
タダラフィルは水に溶けない白色の粉末です。
また、服薬後の最高血中濃度は、30分から4時間と人により異なるようです。
比較の対象としてバイアグラは30分から90分、レビトラは40分から55分となっていますので参考にされるとよいでしょう。
では、いったい服用のタイミングはどのようにするのがおすすめなのでしょうか。
一般的に公式サイトで掲載されている情報では、性行為の3時間前くらいのタイミングがベストのようです。
10mgのシアリスでは20~24時間程度、20mgのシアリスでは30~36時間程度の時間の中で性的刺激があった場合、勃起機能の改善が見込まれるようです。
また、シアリスを服用される方の不安要素に食材とのかかわりがありますが、影響はほとんど受けにくいようです。
週末にかけて性行為をされる方は服用時のタイミングと効果の消失を気にかけておられることがしられています。
このシアリスがお薬として登場してからは、焦る気持ちやプレッシャーは以前に比べてずいぶんと軽減されたという報告がされています。
実際にEDを患うことのなかった以前のように、リラックスできる雰囲気の中でED治療をこなすことができるようになりつつあるのです。
また、食事の影響は問題ないとの報告もありますが、実際には800kcalまでは食事の影響は考えにくいとされています。
このように週末で使われることが多くみられるシアリスですが、長期間の服用においても効き目が薄くなるようなことはないようです。
安心して週末の性行為を楽しんでください。